神戸市でインプラント治療はアートインプラントセンターへ!インプラント対応の神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科。新神戸駅すぐ

無料カウンセリング予約はこちら
  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
当院のインプラント治療のご紹介
  • インプラントの治療の流れ
  • インプラント難症例への対策(骨造成)
  • インプラントをご検討中の方へ
  • 歯を失ってお悩みの方へ

インプラントは神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ

  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 医療費控除制度
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科

インプラントは神戸市にある
アートインプラントセンターへ

無痛治療:静脈鎮静
トップページ > 無痛治療:静脈鎮静

完全無痛治療
インプラントオペ室歯科治療の恐怖心の強い方、嘔吐反射の強い方に大変有効です。

歯科治療が怖いという人は非常に多いです。その理由は、過去に歯科治療を受けたときに痛い思いや辛い思いをされた経験があり、それが心理的にトラウマとして残っているからです。

これに対して、局所麻酔(局部に打つ注射の麻酔)の温度を体温にあわせたり、あるいは、ゆっくり注入したりすることで、ある程度、麻酔注射自体の痛みは抑えることができます。
しかし残念ながら、局所麻酔の痛みが少なくなっても、患者様の恐怖心がなくなることはありません。

また、笑気麻酔という鼻からガスを吸入する方法もありますが、鼻が悪いとできませんし、効いているのか効いていないのかよく分からないことが多いので、現在では殆ど使われなくなってきています。

さらに、笑気ガスは必ず室内に漏れますので、室内がガスで汚染されるという問題もあります。

そこで、当クリニックでは、患者さんの恐怖心を完全に取り除くために、基本的にすべてのインプラント症例に静脈内鎮静を効かせたうえで手術を行っております。
静脈内鎮静を十分に効かせれば、患者さんは眠られます。
静脈内鎮静したがって、手術は眠っているうちに終わってしまうということになります。

「目が覚めたら手術が終わっていた」という言葉に端的に表されるように、患者様にとって、肉体的にも精神的にも非常に負担が少ない状態で治療を受けることができるということです。

実際に、血圧が高い患者さんも静脈内鎮静をかけることで、血圧が安定した状態になりますので、とても安全に治療を進めることができます。
神戸市中央区のアートインプラントセンターでは、インプラント治療のみならず、歯科に対して恐怖心の強い方や、嘔吐反射の強い方の一般的な治療にも用いております。

インプラントは神戸市のアートインプラントセンターへ/神戸市中央区の歯科医院(歯医者)/新神戸駅すぐ

ページトップへ

術後の腫れや痛みが生じにくいようにします
神戸市中央区のアートインプラントセンター(アートセンター歯科)では、患者様により良く治療をお受け頂けるように、「無痛治療」を心がけております。 この「無痛治療」を実現するため、アートインプラントセンターでのインプラント治療では、以下のような技術や治療法等を実施しておりますので、治療中についてはもちろん、術後においても腫れや痛みが生じにくいです。
骨を削らない手術法
(OAM式)
痛みや腫れが生じにくい
手術方法
サプリメント
(インプラントサポート)
高濃度ビタミンC点滴 歯ぐきを切開しない
手術方法
血液フィブリンの使用
腫れ止めの点滴 痛みや腫れが生じにくい
洗口液の使用
感染のない環境での
清潔な手術

インプラントは神戸市のアートインプラントセンターへ/神戸市中央区の歯科医院(歯医者)/新神戸駅すぐ

インプラント無料小冊子プレゼント
インプラントは神戸市のアートインプラントセンターへ/神戸市中央区の歯科医院(歯医者)/新神戸駅すぐ